2024年4月20日更新!! 編集部推薦の7作家の最新作を公開。人気につき継続掲載の作品もあります。

気鋭作家の新作を販売サイトしています。お申込みは2024年7月20日まで。ぜひお問合せください。

柴田真実「航空玉手箱縁起熊手乃図」

¥98,000

COMING SOON

販売期間
2024年7月20日 00:00 ~ 2024年10月20日 17:00

※販売期間・内容は予告なく変更になる場合があります。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※別途送料がかかります。送料を確認する

送料・配送方法について

この商品の送料・配送方法は下記のとおりです。

  • 佐川急便

    ※表示価格には送料・梱包手数料・消費税が含まれています。

    送料は地域により異なります

    • 北海道

      ¥2,500

    • 東北
      青森県, 岩手県, 宮城県, 秋田県,
      山形県, 福島県

      ¥2,000

    • 関東
      茨城県, 栃木県, 群馬県, 埼玉県,
      千葉県, 東京都, 神奈川県, 山梨県

      ¥1,500

    • 信越
      新潟県, 長野県

      ¥2,000

    • 北陸
      富山県, 石川県, 福井県

      ¥2,000

    • 東海
      岐阜県, 静岡県, 愛知県, 三重県

      ¥2,000

    • 近畿
      滋賀県, 京都府, 大阪府, 兵庫県,
      奈良県, 和歌山県

      ¥2,000

    • 中国
      鳥取県, 島根県, 岡山県, 広島県, 山口県

      ¥2,000

    • 四国
      徳島県, 香川県, 愛媛県, 高知県

      ¥2,000

    • 九州
      福岡県, 佐賀県, 長崎県, 熊本県,
      大分県, 宮崎県, 鹿児島県

      ¥2,500

    • 沖縄

      ¥8,000

販売開始のお知らせを希望する

販売開始が近くなりましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

  • ※ 販売の期間変更や、販売停止時にはメールは送信されません。
  • ※ @thebase.inからのメール受信許可設定をお願いします。

メールアドレス

登録完了

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

  • ※ @thebase.inからのメール受信許可設定をお願いします。

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gekkanbijutsu.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gekkanbijutsu.co.jp」を許可するように設定してください。

通報する

【販売期間...2024年7月20日~10月20日】
制作年:2024年
作品サイズ:41×41cm/5S
額サイズ:49.8×49.8cm
素材:岩絵具、アクリル、金箔
支持体:木製パネル

作品に関するコメント:
「酉の市」などで馴染みのある縁起熊手をポップに解釈し、飛行機やら色々ごちゃ混ぜで描きました。

作家略歴:Shibata Mami
1993年 大阪府生まれ
2017年 多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻 卒業
2024年 東京芸術大学大学院美術研究科芸術学専攻 入学
2016年 三菱アートゲートプログラム 入選/株式会社AGホールディングス(2019年同様に入選)
2020年 世界絵画大賞 入選/世界堂
2022年 美術新人賞デビュー展 入選/月刊美術
現在 東京都内中心にグループ展などで活動

ステートメント
日本の伝統的な画材や琳派の表現、屏風などに見られる多視点的な空間表現に着目し、現代性のあるテーマを持ちつつ伝統的な日本画材の良さを生かした「新しい日本画」を追求しています。制作にあたって、SNS文化やメタバース、サブカルチャー、伝承などから日々インスピレーションを得ています。絵画を描く際、それらモチーフのもつイメージや個別性から離れよりフラットで記号的な表現に置き換えています。それは多くの鑑賞者がより親しみやすく、それぞれの感情や記憶に普遍的に当てはまるものとして、作品を捉えることができるのではないかと考えるためです。

○Instagram
https://www.instagram.com/shiba_m_art/
○Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006297645958
○HP
http://shibatamaminihonga.web.fc2.com/index.html

商品の評価