1月20日更新!! 編集部推薦の9作家の最新作を公開。人気につき継続掲載の作品もあります。

気鋭作家の新作を販売サイトしています。お申込みは2024年4月20日まで。ぜひお問合せください。

近本祐紀子「攻防一如」

¥83,000

※この商品の販売期間は2023年10月20日 10:00 ~ 2024年4月20日 17:00です。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※別途送料がかかります。送料を確認する

送料・配送方法について

この商品の送料・配送方法は下記のとおりです。

  • 佐川急便

    ※表示価格には送料・梱包手数料・消費税が含まれています。

    送料は地域により異なります

    • 北海道

      ¥2,500

    • 東北
      青森県, 岩手県, 宮城県, 秋田県,
      山形県, 福島県

      ¥2,000

    • 関東
      茨城県, 栃木県, 群馬県, 埼玉県,
      千葉県, 東京都, 神奈川県, 山梨県

      ¥1,500

    • 信越
      新潟県, 長野県

      ¥2,000

    • 北陸
      富山県, 石川県, 福井県

      ¥2,000

    • 東海
      岐阜県, 静岡県, 愛知県, 三重県

      ¥2,000

    • 近畿
      滋賀県, 京都府, 大阪府, 兵庫県,
      奈良県, 和歌山県

      ¥2,000

    • 中国
      鳥取県, 島根県, 岡山県, 広島県, 山口県

      ¥2,000

    • 四国
      徳島県, 香川県, 愛媛県, 高知県

      ¥2,000

    • 九州
      福岡県, 佐賀県, 長崎県, 熊本県,
      大分県, 宮崎県, 鹿児島県

      ¥2,500

    • 沖縄

      ¥8,000

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gekkanbijutsu.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gekkanbijutsu.co.jp」を許可するように設定してください。

通報する

【販売期間...2023年10月20日~2024年4月20日まで延長しました】

【作品詳細】
制作年:2023年
作品サイズ:19.0×33.3cm/4M
額サイズ:23.8×38.1cm
素材:岩絵具ほかミクストメディア
支持体:木製パネル、和紙

【この作品について】
最大の防御は、戦うこと。

【作家略歴】
CHIKAMOTO Yukiko
1994 年 兵庫県出身
2018-2020年 神山財団芸術支援プログラム 第5期奨学生
2018年 ロサンゼルス滞在研修 ( 8月―10月 ロバートクラウダー基金助成)
現在 筑波大学大学院 博士後期課程 在学
【受賞歴】
2017年 「第77回日本画院展」 初入選 [以降毎年出品 / ’17ロバート・クラウダー賞 ’18日本画院賞 ’21望月春江賞 ’22 吉祥賞](東京都美術館/上野)   
2023年 「絵画の筑波賞展 2023」 主催者特別賞・作品買い上げ (スタジオ'S, 西武池袋本店/茨城,池袋)
【所蔵】
郷さくら美術館(中目黒)
【主な個展・グループ展】
2015,20年 「第15回、第20回 佐藤太清賞公募美術展」 日本画の部 入選 (京都/東京/神奈川/名古屋)
2019 年 「Circle International Exchange Art Exhibition in 4 University 2019」(Chiang Mai City Arts and Cultural Centre/タイ)
2018年 個展「―NIHONGA― YUKIKO CHIKAMOTO EXHIBITION」ロバートクラウダー基金による助成(Gallery MOЁ/米国)
2021,22,23年「GEIDAI ART 展」 (京王プラザホテル / 新宿)

【アーティスト・ステートメント】
 最近は、言葉から派生させて制作に取り組んでいます。モチーフを社会や人に見立て、私の記憶や考えを絵画に織り交ぜて描いています。
 2作品は、コラージュ技法と岩絵具を組み合わせました。様々な粒子の大きさの方解石の煌めきと透き通るガラスビーズを散りばめて、「希望」を表しました。また、炎を描画道具にして、《攻防一如》には「熱意」を、《明日は奇跡。一期一会。》には「人生の巡り」や「魂」を、描きました。私の思い通りにできない炎の描写は、予測のできないこの世界を描写するのにぴったりであると考え、近年多用しています。めらめらと燃えながら、記憶や考えを侵食していくのです。それに抵抗しながら生きてゆく。
 樹木や空、宇宙等の主なシリーズがある中で、いずれもその時折りの人生の縮図や教訓を表現しています。年始の書き初めや、写経に近い感覚でしょうか。私の作品を鑑賞する人それぞれの、経験や記憶を結びつけて、みる人の生きる源になれば幸いです。

○FACEBOOK
https://www.facebook.com/profile.php?id=100014739343713

商品の評価