若手作家のアート作品を販売中。気になる作品をウェブ上で購入しよう!
販売終了作品の再入荷を希望される場合もお気軽にご相談ください。
8月3日より新作をアップしました!

小嶋 基弘「冠赤子」

¥ 44,000

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 佐川急便

    ※表示価格には送料・梱包手数料・消費税が含まれています。

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido 2,000JPY
    • Tohoku

      • Aomori 2,000JPY
      • Iwate 2,000JPY
      • Miyagi 2,000JPY
      • Akita 2,000JPY
      • Yamagata 2,000JPY
      • Fukushima 2,000JPY
    • Kanto

      • Ibaraki 1,500JPY
      • Tochigi 1,500JPY
      • Gumma 1,500JPY
      • Saitama 1,500JPY
      • Chiba 1,500JPY
      • Tokyo 1,500JPY
      • Kanagawa 1,500JPY
      • Yamanashi 1,500JPY
    • Shinetsu

      • Niigata 2,000JPY
      • Nagano 2,000JPY
    • Hokuriku

      • Toyama 2,000JPY
      • Ishikawa 2,000JPY
      • Fukui 2,000JPY
    • Tokai

      • Gifu 2,000JPY
      • Shizuoka 2,000JPY
      • Aichi 2,000JPY
      • Mie 2,000JPY
    • Kinki

      • Shiga 2,000JPY
      • Kyoto 2,000JPY
      • Osaka 2,000JPY
      • Hyogo 2,000JPY
      • Nara 2,000JPY
      • Wakayama 2,000JPY
    • Chugoku

      • Tottori 2,000JPY
      • Shimane 2,000JPY
      • Okayama 2,000JPY
      • Hiroshima 2,000JPY
      • Yamaguchi 2,000JPY
    • Shikoku

      • Tokushima 2,000JPY
      • Kagawa 2,000JPY
      • Ehime 2,000JPY
      • Kochi 2,000JPY
    • Kyushu

      • Fukuoka 2,000JPY
      • Saga 2,000JPY
      • Nagasaki 2,000JPY
      • Kumamoto 2,000JPY
      • Oita 2,000JPY
      • Miyazaki 2,000JPY
      • Kagoshima 2,000JPY
    • Okinawa

      • Okinawa 8,000JPY
Report

制作年:2020
作品サイズ:33.3cm×33.3cm/S4号
素材:アクリル
支持体:キャンバス

作品に関するコメント:
腕の繋がった赤ん坊で出来た冠。子孫繁栄を表してる。

作家略歴:KOJIMA Motohiro
1991年 愛知県生まれ
2016年 名古屋造形大学大学院 造形専攻 修了

受賞
2015年 清須市第8回はるひ絵画トリエンナーレ 入選
2018年 アクリルガッシュビエンナーレ2018 入選

個展
2018年 小嶋基弘 個展 「笑う」/LOOP HOLE

〇Instagram
 https://www.instagram.com/motohiro_kojima/

※ C-Select Artistです。C-Select Artistとは、月刊美術が指名する推薦人により掲載が決定した若手現代(“Contemporary")アーティストを指します。本アーティストは、推薦人のひとりである竹林陽一氏による推薦となります。また、当該アーティストの作品は、従来の掲載方法とは異なり、継続して掲載される可能性があります。

Reviews of this product